マンション経営は慎重にリスクを補う〜マンションリスクラッシュ〜

人気の土地活用

地主の土地有効活用策として行われています

機械式駐車場ではなく、平置きの駐車場経営は、土地の有効活用策として大変人気があります。それは、土地にアパートやマンションを建築することと比較すると、駐車場経営は投資額が非常に少ない金額で足りるため、低リスクでの運用が可能だからです。 みなさんが、駐車場経営としてイメージするのは、駅前のコインパーキングなのではないでしょうか。特に東京の都心部においては、たくさんコインパーキングを目にしますよね。 ところで、コインパーキングのほとんどは、地主が直接経営を行っているわけではありません。地主がコインパーキングの運営会社と土地賃貸借契約を締結して賃貸している場合がほとんどです。なぜなら、コインパーキングの管理は煩雑だからです。

駐車場経営は自分では不可能か

具体的には、コインパーキングでは設備の故障(利用者の意図的な設備破壊を含みます)、料金未払い、空き缶・たばこの吸殻の放置等、さまざまな問題が発生します。したがって、地主は駐車場経営を自ら行うのではなく、専門の会社に賃貸することにより運営を委託するのです。 しかし、第三者に委託する方式で駐車場経営を行っている地主の中で利益を出している人はほとんどいないのではないでしょうか。駐車場運営の会社は、それほど賃料を払うことができないからです。 そこで、私がおススメするのは、もし近隣に分譲マンションがあるのであれば、その区分所有者を対象とした青空駐車場経営を行うというものです。設備投資はかかりませんし、利用者を区分所有者に限定するために、駐車場運営会社に委託する必要もないですし(=収入が増えます)、青空駐車場ですので管理も楽だからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加