マンション経営は慎重にリスクを補う〜マンションリスクラッシュ〜

管理方法を考える

単身者若しくは企業向けが狙いどころ

不動産活用の有効な手立てとして、アパート経営が注目されて久しい。人口増加が見込まれる時代は盛況で有ったがこれからのアパート経営には、時代の変化に合わせた対応が必要になってくる。今、人口は都会の方へ移動し、人口減少は見られても、世帯数は増加している傾向ががる。従って単身者向けのアパート経営がユーザーも比較的多く、採算面で有利に働く。又、最近は、企業が社宅等を持たずに、アパートやマンションを借り、転勤者用の住まいとして確保している傾向もある。従って、アパート経営の重要な要素である立地は、近くに仕事場があり、交通の便利が良い所になる。古いアパートでも低所得者向けの賃料の格安の物件にも需要はあるようである。

ポイントは専門管理業者の選定

単身者用にせよ、企業向けにせよ、これから、アパートを管理していくのは相当な専門知識や人脈が必要になってくる。これを自己管理でやるとなるとたいへんであり、専門業者に任せるほうが得策である。専門業者の中でも一括借り上げ方式で家賃保障があるものもあり、入居者の選定から保守管理まで任せたほうがアパート経営として安定するものと思われる。専門業者の中にも地域の不動産会社等色々存在しているが、地域のリーダー格の管理業者を探し出し任せるの方がよいと思う。リーダー格の管理業者には地域の不動産会社とのネットワークの中心的存在と言う立場があり、入居者情報、企業の人事異動情報等が入りやすい立場にあり、入居率を上げる意味でも有利になるからである。

このエントリーをはてなブックマークに追加